ゴミとして捨てるのはもったいないと思い「もったいない本舗」に依頼!

住んでいるマンションを引っ越すときに、本棚にあふれかえっていた単行本や文庫本、専門書などを整理して、不用となった本を処分することにしたのですが、ゴミとして捨てるのはもったいないと思い、安い金額でも構わないと思い、古本の買取店に買い取ってもらおうと思ったのです。

そこで、インターネット検索エンジンで「本買取」という言葉で検索したところ「もったいない本舗」がヒットしたため、このショップのホームページを見てみました。

そして、買い取り手続きを確認してみたところ、かなり簡単そうでしたので「もったいない本舗」に本の買い取りを依頼することにしました。

まずホームページ上から、買取案内請求書とダンボールを請求し、自宅に配送してもらいます。

そして、自宅で買い取ってもらいたい本をダンボールに詰め込んだあと、買取申込書に住所や氏名、それに私の電話番号と買い取り代金を振り込んでもらう銀行口座を記載しました。

そして「もったいない本舗」のホームページから集荷依頼をしたのです。宅配便に集荷に来てもらいたい日を指定し、希望時間帯を指定すれば、あとは集荷を待つだけでした。

しかも集荷料金は、もったいない本舗で負担してくれるため私の金銭的な負担は完全に0円だったのがありがたかったです。

集荷したあとは、もったいない本舗で1冊ずつ査定してくれて買い取り金額の提示を待つだけでした。

私が買い取りを依頼した冊数は約200冊で、半分は一般的に人気のある文庫本でしたが、なかには専門的な法律書や監査法人が監査実務で使用する本も含まれていました。このため査定金額が約6000円となり、ラッキーだと思いました。

私の場合は、買取申込書で査定については自動承認を了承する欄にチェックをいれましたので、先方が査定した金額がすぐに銀行口座に振り込まれていました。

最初に私がもったいない本舗にダンボールの配送を依頼してから、査定金額が銀行口座に入金されるまでわずか1週間という短期間であり、この結果に私は満足しています。